いま話題のコエンザイムQ10

今、メディアに注目されているコエンザイムQ10ですが、
発売当時は一時的に手に入らないほどの人気でしたが、
詳しいご説明をしてみましょう。

この話題のコエンザイムQ10とは、
どのような成分や効果なのでしょうか。

コエンザイムQ10というのは、
私たちの細胞の一つ一つに存在する物質です。
体内に60兆個もあるのです。

コエンザイムQ10は、
心臓、腎臓、肝臓に豊富に含まれています。
その中でも心臓に最も多く存在しており、
私たちが生きていくためのエネルギーを作り出す
重要な役割を果たしているのです。

コエンザイムQ10の存在が発見されたのは、
1950年初期頃にイギリスの
モートン博士らによるものでした。
「コエンザイムQ10」と名付けられたのは、
それから7年後のことです。

アメリカのクレーン博士らも
この存在に気づいたことからです。
クレーン博士が発見した物質は
7年前にモートン博士の発見した物質と同一だったことから
「コエンザイムQ10」が知れわたったのです。

そのあとも、コエンザイムQ10の研究が進められ、
1967年に皆さんにもおなじみの日本の企業である
日清製粉株式会社
世界で初の大量生産の技術の確立を成し遂げたのです。

日本で大量生産技術が確立されたのですが、
当初は医療用医薬として
心臓病の治療に使われていました。
サプリメントとして現在のように
一般向けには流通されていなかったのです。

2001年になってようやく厚生労働省が
「食品」としてコエンザイムQ10を位置づけたのです。
アメリカを始め世界の国々で
サプリメントの評価が高まっていた頃です。

実は日本産まれであった
コエンザイムQ10のサプリメントですが、
発見されてから
50年以上という長い月日が経ってしまいました。
とても長い年月をかけて
日本で製造法を確立されたサプリメントが
認められたということですね。