トレーニングタイプの視力回復器具

トレーニングタイプの視力回復器具
というものがありますが、ご存知でしょうか。

このトレーニングタイプの視力回復器具の使い方ですが、
1日に数回その器具を覗くことが
視力回復の効果を得られます。

人間の視覚生理機能と光学の図像原理を利用しているのが、
このトレーニングタイプの視力回復器具のしくみです。
カラー写真のターゲットが器具内に設置されており、
これを遠近距離で連続移動させます。
患者の眼がこの動きを追うことで、
科学的に調節肌が鍛えられるのです。

視力回復の効果を得るために、
このように水晶体の調節機能の高めます。
これがトレーニングタイプの視力回復器具の特徴です。
眼球やツボに刺激を与える通常の視力回復器具のように、
一時的な効果を強制的にもたらす器具ではないのです。

毎日訓練をすることで、
自然に視力を回復させるのです。
それがトレーニングタイプの
視力回復器具の特徴なのです。
毎日左右の目で交互に朝夕5分程度
トレーニングタイプの視力回復器具を覗きます

そうすれば2週間程度で仮性近視の場合
かなりの視力回復効果を得ることができるのです

回復した視力が
自然に元の近視に戻ってしまう事はありませんが、
外的要因で再び近視になることや、
一時的に視力が低下することがあります。

そのつど訓練を試みることで
短期間に視力を回復することができるのが、
このトレーニングタイプの視力回復器具です。
これは目の疲労回復器として最適です。
日常的にコンピューターなどで
目を酷使している人にはおすすめです。