レーシック手術とPRK手術

近視レーザー手術には
PRK手術とレーシック手術というものがあり、
それぞれ内容が異なります。

レーシック手術では
角膜の表面にフラップというフタを作ります。
これにはマイクロケラトームという名の
精密な装置を用います。
角膜に作ったフラップを裏返し、
露出した角膜を正確に削ります。
削る時にはエマキシレーザーという装置を使用し、
その後フラップを戻します。

レーシック手術の麻酔は点眼麻酔のみで、
入院の必要もなく
手術終了後にすぐに帰宅できます。
仕事や学校には翌日にも出ることができるほど、
視力はすぐに回復します。
両目同時に手術をすることも十分可能で、
レーシック手術による近視レーザー手術は
片方の目の手術の所要時間は10分程度です。

出血もほとんどなく、 あまり痛みを感じないことも
レーシック手術のメリットです。
レーシック手術を受けると、
術後しばらくは目がしみる感覚があり、
翌日は目がごろごろするかもしれません。


近視レーザー手術の方法であるPRK手術は、
フラップを作成せずにエキシマレーザーを
角膜表面に照射する手術方法です。
PRK手術は、
手術中の合併症が比較的少ないのが特徴ですが、
PRK手術後の視力が安定するまでには
1週間程度かかります。
近視や乱視の度合いによって個人差がありますが、
近視レーザー手術を受けることで
眼鏡やコンタクトの着用なしに
1.0程度の視力を得ることができます。


手術を受けるかどうか決める時は、
手術を担当する医師とよく相談して
手術を受けるべきか否かを考えましょう。