近視レーザー手術のメリットとデメリット

視力回復のための近視レーザー手術には、
当然ながらそれぞれ利点と欠点があります。

手術を受けることの利点は、
なんといっても裸眼で生活ができることでしょう。
コンタクトレンズや眼鏡を使わずともよくなるのです。
コンタクトレンズは維持費や交換費用がかかりますので、
近視レーザー手術により
コンタクトレンズのコストがなくなることも
大きなメリットです。

近視レーザー手術は短時間で終わりますし、
点眼麻酔を使うので術中の痛みはほとんどありません。
安全性が高く、合併症も心配もほとんどないことも
近視レーザー手術のメリットです。
半永久的に近視を直したい時には、
近視レーザー手術はうってつけといえます。

近視レーザー手術を受けることによる
リスクについても知っておきましょう。
近視レーザー手術は誰でも受けられる手術では無く、
目の状態やその他の病気などによって
できない場合もあるのがデメリットです。

近視レーザー手術は外科的手術ですので
万が一失敗することもありえますが、
ただ失明したという症例は一度もないようです。

近視レーザー手術のデメリットとしては、
比較的新しい手術であるため
長期にわたる安全性が
まだ実証されていないのが現状です。
施術費用の高さも近視レーザー手術の欠点です。
この手術は保険がきかないものなので、
手術費用には
20万円~50万円程度
もかかってしまいます。

近視レーザー手術には
さまざまなメリット・デメリットがありますので、
よく比較検討して本当に自分にこの手術が
必要なのか判断する必要があるでしょう。