魚の目は皮膚科で受診

世の中に魚の目に悩まされている人は
案外多いものです。

皮膚科にも魚の目やタコができて
通院している人がけっこういます。
人命を左右するような病気ではありませんが、
一度魚の目ができると面倒なことになります。
この厄介な魚の目とは
具体的にどのようなものなのでしょうか。

魚の目とは別名を鶏眼ともいい、
摩擦や圧迫などの刺激により
皮膚の角化が進んだ状態をいいます。
痛みが生じるのは、
魚の目の中心にできる目の部分が
くさび状になって神経を刺激するためです。

主として体重のかかりやすい
足の指側にできることが多いようです。
痛みの程度がひどいと歩行も困難になります。

魚の目の治療は皮膚科で受けられますので、
歩行に困難なほど痛い場合は
迷わず専門の医師に診てもらってください。
皮膚科では魚の目の治療だけではなく
靴の選び方などの
アドバイスもしてくれるところもあります。
足に合わない靴を履き続けていると圧迫や摩擦が起き、
魚の目ができやすくなります。

その他にも魚の目になる原因はいくつかあり、
専門の医師の指導による生活習慣の見直しが
必要な時もあります。

魚の目ができても放置したり、
やすりやカッターなどで削って
自己処置で済ませようとする
人もいますが、
それで症状が酷くなることもあります。

もし万が一また魚の目ができたしまった場合は
面倒でも必ず皮膚科を受診しましょう。