魚の目の治療方法

魚の目になってしまったら皮膚科で診てもらいましょう。
病院ではどのような処置をして、
魚の目をなくすのでしょう。
皮膚科での治療は、

魚の目の重症度によって変ってきます。
魚の目がある程度の大きさや深さがあると、
外科的手術で取り除かなければなりません。
皮膚科の医師によって、
患部を切開をして魚の目の芯をしっかりと取る方法です。

皮膚科によっては
レーザーや液体窒素を用いるところもあり、
また、麻酔をして芯を完全に取り除くこともあります。

魚の目とタコの違いは、
魚の目は芯まで完全に取らなければならないことでしょう。
魚の目の患部をえぐり取るために、
スピール膏という薬品を使うこともあります。
これは角質化した部分をほぐしてくれます。
何度も同じ場所に魚の目ができてしまったり、
痛みを感じるくらいに患部が大きくなったなら、
完全に治癒させるために皮膚科に行きましょう。
症状に合わせた対応をしてもらえます。

市販の薬もあり、
小さな魚の目ならこれで対処が可能です。
治せるうちに治した方が早く済みます。
魚の目と思しき物ができたり、
足に異物感があったら、
その時点で市販の薬を使ってみてください。

家庭での治療では、
硬くなった皮膚を軟らかくする
サリチル酸ワセリンを使って
角質化した部分を軟化させて
まとめて取り払うというものです。