魚の目ができる原因

魚の目は痛いだけでなく
何度も再発したり複数できたりと厄介ですが、
なぜできるのでしょう。

皮膚科で最初に聞かれることは、たいていの場合、
足に合わない靴を履いてはいないか
という点でしょう。

新しく買った靴のサイズが
自分の足のサイズと異なっていたとしても、
多少ならば無理矢理にはく人は結構いると思います。
ですが、靴の形に比して足の甲が広めな人は、
左右から足の甲が圧迫されます。
大きさが合わないことが原因で
足指の付け根が押しつけられることもあります。
非常に魚の目になりやすい状況です。

元々は皮膚の防御反応で、
継続して同じような摩擦や圧迫をずっと受けた結果、
皮膚の一部が硬くなって角質化するのです。
長期間に渡って同一の摩擦や圧迫を受け続けた皮膚は、
防衛のために角質状になります。
魚の目の起きる原因に靴が大きいことは、
皮膚科で靴選びについて言及される点でも明らかです。

再び魚の目にならないためにも、
靴を改善する必要があるわけです。
足の形に合わないハイヒールを
敢えてはき続ける女性は多いようですが、
それこそが魚の目になる要因の一つです。

靴を選ぶ時には、デザイン性のみならず、
足にしっかりマッチするものを選ぶ必要があります。
タコと異なり魚の目は痛みがありますので、
それ自身は命をどうこうする病気でなくても、
歩行時の痛みから
患部をかばうような歩き方を続けていると
姿勢が乱れ腰の痛みなどが起きる可能性もあります

そして、魚の目が確認できたら
できるだけ早く皮膚科を受診するべきでしょう。
原因を取り除かないと魚の目は再発するので、
医者からのアドバイスなどで
靴を新しく選んでもいいでしょう。